代表ギャグ

失敗しない!注文住宅の予算組み

注文住宅の坪単価はアテにならない

 

同じような外観の建売住宅と違い、
間取りや外観などを自由に設定できる注文住宅。

 

一生のうちに何度もあるわけではない買い物、
出来れば自由に好きなように建てたいものです。

 

「でも高いんでしょう?」

 

はい。一般的には高価なイメージですよね。
そりゃそうです。量産ものとは違い、
一点ものになるわけですから。

 

でもちょっと待ってください。

 

昔は建売住宅と言ったら、全く同じデザインの家が
ずらっと立ち並んでいましたが、

 

今の建売住宅は皆、外観が違いますよね。
色々な形や色の建物が並んでいます。

 

 

つまり
昔は材料のサイズ・規格の種類が少なかった。
今は様々な種類があり、自由がきく。
ということです。

 

「注文住宅だから高くて当然」
ではなくなってきたということです。

 

 

ひとつ例をあげましょう。

 

建物を構成する建材。これはピンキリなんです。
見た目が変わらなくても材質が違ったりして。

 

例えば窓。
出窓・ペアガラス・二重サッシ。
この組み合わせ方だけでもかなり差が出ます。

 

窓はだいたい20か所くらいになりますから、
これで200万円程度違ってきます。

 

建坪50坪の注文住宅ならば、坪4万円の差が
発生することになります。

 

 

注文住宅=高級
というイメージが先行してしまっているから
最初からそういう眼で見てしまうんですね。

 

 

逆に考えれば・・
もう既に建ってしまっている建売住宅は、
原価がもう変えられないため、
「これ以上の値引きは出来ません」となります。

 

注文住宅は今から建てるのですから、
設定はいかようにも変えられるわけです。

 

注文住宅の間取り一括請求が出来ます

 

 

タウンライフ注文住宅